地域の案内おばさん 行ったとこ紹介 猫のはなし  出し惜しみ一切しません

新千歳空港国際線ターミナルビルへ 将来、中国化するかもしれない北海道

2018/11/06
 
新千歳空港
この記事を書いている人 - WRITER -
北海道生まれ北海道育ち。そろそろ北海道脱出を考え中。 北海道の行ったところ、食べたもの、飼い猫のこと、たまに愚痴を 綴ります。 好きな言葉、【連休】

こんにちは
comiです。
北海道から発信するこのブログ
今回は新千歳空港国際線のターミナルビルに行ってきたお話です。

先日は国内線のターミナル内をレポートしました
ですが、国際線へは足を運んだことが無かったので行ってみました。

外国人がいっぱいなんだろうな~。
ウキウキ

新千歳空港国際線ターミナルビルまで歩く歩道?? 

連絡施設という通路

国際線は国内線のターミナルから連絡施設(通路)を通って行きます。
いや~遠いから行くのやめようかな。
体調よくないし(アイスクリームの記事)
でも、国内線だけ紹介するのはおかしいよ。がんばれcomi
ということで向かいました。2階から向かいます。
3階からも行けるようです。

あ!歩く歩道!じゃなくて動く歩道(素で間違ってました)
新千歳空港はターミナルビル間に動く歩道が設置されています。
久しぶりに動く歩道を歩きました。
他の空港では利用してたからね。
動く歩道らくちんで~す

小さいころ飛行機に搭乗する際に、初めて利用した動く歩道。
「これはいい!」その後、田舎の同級生に夢を語りました。
私の地元は超田舎。特に私の実家は小学校から6キロくらいはあると思います。
ソコを歩いて通うのです。あ、夏場は自転車ですが、冬は徒歩です。
冬の方が寒くて歩きたくないのに徒歩です。
同級生と歩いて帰宅しているときに
「あたしね~動くエスカレーターみたいな道路をこの道に作りたい」
小学生っておバカですよね~
こんな田舎の、車がほとんど通らない道路に動く歩道を作るとか抜かすんです。
動く歩道を歩きながら思い出してました。
そんな夢も語ったなと。それほど徒歩通学は過酷だったのです。

幼いころを思い出しながら歩いていると新千歳空港国際線ターミナルビルに
到着です。

日本人ばかり?新千歳空港国際線ターミナルビル

国際線??

国際線に到着しました。
金髪の彫の深い人がいないっす
みんな日本人。
いや、ちがう、アジアの国の人ばかりです~
だから、日本人がいても「中国人」に見えるんです。

近くのお土産店で焼き物のお皿が売っていました。
中々素敵です。
「え~ほしいなぁ」
見てると店員さんが近寄ってきました。
今日は買わないし、中国人と思われてるかも!
その場から、そそくさと逃げちゃった。
中国人だろうが、韓国人だろうが間違えられてもいいんですけどね。

ロビーを端から端まで歩きます。
2階から来て動く歩道を終え、すぐにエスカレーターで3回に上がっていたので
出発ロビーでした。
国内線と違いお土産屋さんは数店。
北海道土産は国内線ターミナルで購入してから搭乗した方が良いですよ。

端の窓から外を見ると豪雨でした。
そして周りは工事中です。まだまだこの新千歳空港国際線ターミナルは
拡張しそうな勢いです。
だって~北海道が中国人に買い占められちゃうかもしれないんだもの。
先日中国の要人も北海道視察に来てましたし、いずれは中国人ばかりになるかもしれませんね。。。
札幌だけではなく、北海道全体が潤うようにしてくれれば、文句は言えません。
ちゃんと日本の国土として、北海道に移住してくれたらいいのですが、
中国に乗っ取られ、中国の島だと急に言われるんじゃないかと怖いです。
まあそんなことはないと思いますが。
国際事情はよく解らないのでこのくらいにしておきましょう。

出発ロビーを離れ、そのまま3階の連絡施設を歩きます。
途中ツルハドラッグストアーに寄りました。
「ここは北海道の会社だし店員さんは日本人だろう」と思っていたのですけど
ネームプレートに「リン」って。
居酒屋の店員さんみたいに書いてありました~。
「リン」さん日本人だと思った。言葉が通じる人を雇った方がいいんでしょうね。
ツルハでは効きにくかった頭痛薬を新たに買いなおしました。

 

新千歳空港国際線ターミナルビルから復路

 

ミュージアムがいっぱい

そのまま国内線ターミナルビルへと進みます。
そうそう、2階の連絡施設はシュタイフディスカバリーウォークということで
ドイツ:シュタイフ社のぬいぐるみがず~~~~と展示?されています。
ミュージアムということです。
私は動く歩道が大好きなのでぬいぐるみよりも動く歩道に気を取られていました。

そして3階連絡施設の方が気になりました。
「ドラえもんわくわくスカイパーク」と「ドラえもんわくわくスカイパークカフェ」があり、
カフェのアイスクリームはインスタ映え間違無しです。
「ハローキティハッピーフライト」はキティちゃんだけではなく、サンリオキャラクターもたくさんありました。
サンリオ好きにはたまらないかも。
ちなみに私は猫が好きだけどキティちゃんよりスヌーピーが好きです。

そして「ロイズチョコレートワールド」があります。
ここはガラス張りでチョコレート工場が見学できるのです。
実際の工場とは異なるのかもしれませんが、映画の「チャーリーとチョコレート工場」を思いだしました。
メルヘン工場って感じかな~。
チョコレートに関するいろいろな展示物もありましたよ。
ロイズと言えば生チョコレート。どれもこれもおいしいです。
先日当別町というところにあるロイズふと美工場直売店へいったときに食べたソフトクリーム、チョコとのミックスを注文しましたがやっぱりチョコレート一番のロイズで濃厚チョコでした。
ミルクは無難な感じ。
ロイズチョコレートは今や北海道のお土産のド定番ですね。
はずれ無し。私の自宅に季刊カタログが届きますよ。
クリスマス時期の、お菓子の家が毎年欲しくなります。

おっと、新千歳空港のロイズのお話でしたね。
ガラス越しのチョコレート工場は工程を見るのが楽しくてついつい見入ってしまうので、
飛行機の搭乗に遅れないようにご注意くださいね。

連絡施設の主なお店をご紹介しました。
以前ご紹介した。新千歳空港国内線ターミナルも面白いところたくさんですが、
この連絡施設もお子様と遊べる、見学できる施設が色々とあります。
しかも、札幌、または北海道どこの地域にもないような施設ばかりですので、行ってみて損はないですよ。
飛行機乗らなくてもいいんです。
国際線ターミナルまで行くのがまた楽しいので是非オススメします。

帰りのJR快速エアポートは即着席しました。
そしたらスーツケースに取り囲まれました~。周りはみんな外国人です(おそらく)
綺麗な顔をしたお姉さんが電車走行中に座席に座ってスマホで通話してるんです。
がっかりです。日本人の方ではないでしょう。そう思いたい。
日本人の私からみたら驚く光景です。
ふいにかかってきた電話を取って「今、電車だから」って切る人はいますけど、
ずっと通話しているんです。
隣の同行者にたしなめられて終了したようですが綺麗な顔が残念でしょうがないです。

札幌駅改札出るまで周りはみんな中国人なんだと暗示に掛けられたようでした。

いや、きっとみんな中国人。

ニセコも洞爺もみんな中国富裕層に買い占められているのです。

 

まとめ

この記事書き終えてるとばかり思っていました。

まとめてなかった~。それなのに放置してました。

てことで、まとめです。

新千歳国際線ターミナルは北海道へ観光に来るアジアの人たちの玄関口でした。

行ってもどこの国の人か全くわかりません。

国際線ターミナルに御用はなくても、連絡通路はおもしろい施設がたくさんありますので、

新千歳空港へ行った際はお立ち寄りしてみてはいかがでしょうか?

そして数年後に北海道は中国の富裕層に買い占められているかもしれません。

今のうちに北海道へきてみたら?

この記事を書いている人 - WRITER -
北海道生まれ北海道育ち。そろそろ北海道脱出を考え中。 北海道の行ったところ、食べたもの、飼い猫のこと、たまに愚痴を 綴ります。 好きな言葉、【連休】







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ざ・ろーかるん , 2018 All Rights Reserved.